blog01
住宅購入を考えている方は多いですし、その前に専門家に相談したいという方も多いです。

金額の大きさと住宅ローンの期間の長さを考えたら当然のことです。

にも関わらず、実際に相談する方は少ないです。

それはどうしてなのでしょうか?



何を聞いていいのかわからないし、何を教えてもらえるのかもわからない

家を買う経験は一生に一度、多くて二度、という方が殆どでしょう。

要するに「相談したいけど」と悩んでいる方は、未経験の方が殆どなのです。

未経験の方が相談に行こうかと思ったとしても、

何を聞いていのかわからないので、当然何を教えてもらえるのかも分からない。

教えてもらう内容が分からないのに、お金を出そうという気になる方は稀です。

結果、住宅相談に行かずに終わってしまう方が多いのです。



では、住宅相談に行くと何が得られるのか

ここでは住宅購入時の相談についてお話したいと思います。

(実際には借り換え相談などもありますが)

一言でいうと、「未来を視る」ことが出来ます。

先行きの見えない世の中です。

多くの方は住宅購入に不安を感じてらっしゃいます。

今は返済できたとしても、将来返し続けられる保証はないからです。

でも、私はどの相談でも長期のシミュレーション表をご用意します。

20年~35年に渡るシミュレーションで、



住宅ローンが完済できるのか?

完済時の家計はどうなっているの?

老後は大丈夫?


などどあなたの不安にしっかりお答えします。

同時に、



・分かりにくい諸経費の内訳

・頭金をいくらぐらいにすべき?

・住宅ローンのメリットデメリット

などまでお答えしています。

更に、住宅購入にかかる様々な手続き(住宅ローン申し込み・売買契約・建築請負計画・等々)
に対する助言も行っております。



未来が視えると何がいいの?

ということで、住宅相談でローンに必要な知識と返済計画が得られます。

先にも書きましたように、住宅ローンは金額が大きく、返済期間が長いです。

つまり能力以上の住宅を買ってしまうと、人生におけるダメージが大きいのです。

ちなみにこのダメージは子供にも影響を与えてしまいます。

ですので、



身の丈以上の買い物をしないこと

もし返済が厳しくなったら早い判断

この二つが必要なのです。

はっきり言って身の丈以上の家を購入してしまっても、対処法が分かっていれば最悪の事態は避けられます。



正しい知識を持って、未来を視る



そのために当事務所をご利用いただければ幸いです。