blog08

NISAを活用しているのは投資経験者が9割以上

今年はずいぶん話題になったNISAですが、2014年6月現在でNISAで投資をしている人は経験者が殆どという調査結果が出ています。

しかも年代別には50~70代の方が殆どで、そもそものターゲットだった20~30代はたった16%しかいないのです。

これからお金が必要な20~30代の為の制度だったはずなのですが、完全にミスマッチが起こっています。

リスクは常に身近にある

私も仕事柄「NISA」ってどうなの?とよく聞かれます。

ですが、質問に答えるのは慎重にいたしました。

何故なら・・・

『株ってギャンブルでしょ?』

『損をしない為にはどうしたらいいの?』

・・・という方も多いからです。



投資というのはリスクを承知で行う「運用」だと考えています。

ギャンブルは単なる投機ですし、

損(リスク)がないお金はありません。

現金だって様々なリスクがあります。

(例えば、盗難・紛失・物価上昇・円高円安・・・・)

私たちは、常にリスクを抱えています。

その中で、現金・預貯金・運用・・・と様々な選択をしているのです。


パーソナルファイナンスの視点から見たら、預貯金も運用もそう異なるところはないのです。

FPとして思うこと

どうして若い方は運用をしないのか?

それはリスクを取れないからです。

だったらリスクを取れないなりに、ETFや長期運用・分散投資に知っていただきたい。

商品をお勧めするわけではなく、選択肢のひとつとして「運用」を考えていただきたいなと思います。

中立的立場のFPはもっと頑張らねばならなりません。

保険だけ、ローンだけ・・・ではなく、もっともっと幅広いご提案が出来るように頑張りたいと思います!


足立の住宅・家計相談FP ライフプラン応援事務所の横山でした。