blog06

興味はあるけど不安が残る中古住宅

中古住宅の価格は新築の3割減と言われています。

住宅における3割はかなり大きいですよね。

価格面から中古に興味を持つ方は多いのですが、性能が不安という方も同じくらい方も多いです。

もちろん、購入が具体的になれば「性能診断」「耐震診断」を受けることは必須です。

ですが、上記診断は一軒10万程度かかります。

となると、検討段階で「この物件は安全そう」「この物件はちょっと危ない」ということが分かるといいですよね。

戸建住宅における中古物件の見分け方について書いていきます。



中古物件を見分けるのは難しい

当然ながら、中古物件を見分けるには専門の知識が必要です。

素人が物件を探しながら性能をチェックするのは難しいです。

それでも、知識がないなりの判断方法があります。


  • 会社をチェック!
  • その家を建てたのがどんな会社なのかでチェックします。

    価格帯の高い大手の家なら、価格に見合う耐久性を有しているはずです。

    但し、大手だから安心とう訳ではありません

    「同じ会社で同じ頃家を買った人」を探して家の住み心地を聞いてみましょう。


  • 大手の基準は「その当時」で
  • 例えば20年前の物件だったら、その当時の評価で判断しましょう。

    今は最大手の高級住宅メーカーだったとしても、20年前は駆け出しの安売りメーカーだったかもしれません。

    その物件を立てた当時の会社の財政状況を調べるのもいいですね。



    中古物件というと怪しいイメージがあるかもしれませんが、

    価格の他にも様々なメリットがあります。

    中古物件購入のご相談も承っております。

    お悩みの方は、お問い合わせください。



    足立の住宅・家計相談 ライフプラン応援事務所の横山でした。