相談を承っていると、「住宅購入後の家計がどのようになるのか分からない」とおっしゃる人がとても多いです。

3000万円の住宅ローンを組むと、どのように返済することになるか、具体例を挙げて解説していきたいと思います。

手取り年収500万円世帯で、3,000万円のローン 返済負担率は高くない


【条件】
・金利:全期間固定
・返済期間:35年間
・返済方法:元利均等返済・ボーナス払いなし

【借入額3,000万円 毎年返済額】
・金利1% 約101.6万円


手取り年収500万円で、年間返済額が101.6万円ですので、年収に占める住宅費の負担率は約20%となります。
住宅費の割合は、家計の20~30%位とされているので、負担率が20%ならば、低い水準です。

ただし、固定資産税や管理費・駐車場代などがの費用も上乗せして考えましょう。

特に固定資産税は、一生かかる税金です。税金は値引きや節約ができないので忘れないでほしいです。
購入前に不動産会社に確認しておいてください。

ただし、教育費もお忘れなく

しかし、ここで教育費の負担も考えなければなりません。
例えば子供が中学生で、公立学校ならば平均負担額は年47.9万円です。
中学生の子供が二人だと、年間100万円になりますね。

この場合、住宅ローンと学費の合計が、年間201.6万円を占めます。
残り300万円で家計が回せるでしょうか?
300万円を月割りすると25万円になります。
とはいえ、年に何度かの出費もあるでしょうから、25万円を毎月使い切るわけには行きません。

旅行費用や車検代金などの特別費は差し引いておきましょう。
また、毎月の収入から1割程度は貯蓄に回したいですね。

仮に旅行・車検代を年間50万円、貯蓄を36万円(月3万円)とすると、

300万円―(50万円+36万円)=214万円

これならば、毎月生活費として残るのが17.8万円です。
毎月17.8万円でやっていけるかどうか、今の生活と比較するとイメージしやすいのではないでしょうか?

たぶん、趣味や食費に大きなお金をかけていなければ、毎月17.8万円に収まる世帯が多いと思います。
仮に収まらないならば、どうやったらそれ以内でやりくりできるか考えていけばいいのです。

支出を細分化して、家計が回せるか考えよう


このように、住宅ローンや学費など大きな金額を差し引いていくと、今の生活費と比較しやすいです。

今回は、子供が二人とも公立の中学に行った例で考えてみましたが、私立中学だと、学費の負担は約2倍になります。

大まかな金額でも「返済できそうかな?」という疑問の解消には役立ちます。
ぜひともご自身でシミュレーションしてみてくださいね。