会社勤めの皆さん、40歳を超えると介護保険料を支払う(天引き)ことになるのはご存じだと思います。

天引き額が増えると手取り額は減る。

当たり前のことですが苦しいですよね。

でも天引き額が上がるのはそれだけじゃないのです。



現在払っている年金健康保険料値上がりしているのです。

 

例えば厚生年金の保険料は、2017年まで段階的に引き上げられるtことが決まっています。

<厚生年金の保険料率比較>

2004年   13.58%
2017年  18.3%

「負担が増えても恩恵があるのだから引き上げも止む無し」という考え方もあります。

しかし、値上がり幅は急上昇と言わざる得ません。

年金、保険双方の値上がりに介護保険を加えると天引き額の合計は3割を超える方が多いです。

(個人差があります)

しかも、介護保険料は将来1万円を超えるとも囁かれています。

高齢化・核家族化の時代になり、自分の家族を自分でお世話するのが難しくなっています。

しかし、介護はお金がかかります。


少子化・核家族化を食い止めないと、天引き額はどこまでも上がり続けるかもしれません。

子供が増えれば一番いいのだと思いますが、

教育費にお金がかかりすぎる現代では子供を増やすことは個々の世帯の負担が増えます。

・・・なかなか難しいですね。

ライフプラン応援事務所 横山でした