>

クレジットカートには悪用される危険性があります。

不正利用・偽造・不着(郵送途中・郵便箱からの抜き取りなど)等です・・・

この中で、不正利用には自衛が必要です。

不正利用は自分以外の誰かがカードを使うことです。

不正利用の原因は紛失・盗難など、カードが誰かの手に渡ると起こります。

盗難補償があるから大丈夫。

なんて思っていませんか?

本人に落ち度があれば補償額は減らされてしまいます。

<補償が減らされる・受けられない場合>



カードの裏面にサインをしていない

裏面のサインは本人であることを証明するもので、不正利用の防止のための役割も担っています。

サインがないと補償されなくなってしまいます。



紛失・盗難届を出していない

紛失や盗難に気付いた場合、クレジット会社に連絡してカードをすぐに止めてもらいましょう。

24時間対応ですので、たとえ夜中でもすぐに連絡しましょう。

届けるのはカード会社だけではありません。

警察にも届けて証明書をもらいましょう。

そうしないと他人にカードを悪用されたときに、「自分は被害者です」と証明できません。



暗証番号が分かりやすい

暗証番号がカードにメモしてあったり、誕生日がそのまま暗証番号になっている、などです。

お財布ごと落とした場合などは、運転免許を見れば誕生日はわかってしまいます。

また、カードごとに暗証番号は変えておくのをお勧めします。

カードには盗難・紛失補償が付加されているのが一般的ですが、年会費が無料のカードでは補償のないカードもあります。

クレジットカードを新たに作るときには、年会費やポイントばかりに目を向けず、保険の有無もチェックしてみてください。

便利なクレジットカードですが、取扱いにはご注意を。