blog07
住宅購入後にかかる費用を5つの項目別にご紹介しています。
今回は【火災・地震保険編】となります。

【住宅維持費お役立ちページ】

マイホーム購入後にかかる費用【火災・地震保険編】

マイホームを買ったら保険に加入するのは常識になっています。しかし火災保険と地震保険とは何か?保険料はどのくらいなのかをご存知の方は少数です。
火災・地震保険とはどんなものなのか。概要と保険料のモデルケースをご紹介します。

火災保険とは

火災保険の原則は火事により家・家財に損害が発生した場合に補償金がもらえるというものです。
しかし家に対する不安は火災だけにとどまりません。その為落雷・ガス漏れによる破裂・爆発・風災・雪災なども補償されるのが一般的です。ほかにも多くの補償プランが存在します。例えば……

・家に車が突っ込んできた
・排水溝の事故で部屋が水浸しに
・泥棒に鍵を壊された・部屋を汚された
・家の屋根が落下して通行人にけがを負わせてしまった

……などです。さらに個人賠償特約・類焼損害特約などを付帯することができます。
注意すべきは、火災保険では地震・噴火・津波を理由とする損害は補償されないということです。

地震・噴火・津波を原因とする損害を補償する場合は別途地震保険に加入する必要があります。

火災保険が親で地震保険は子供

ご存知の方も多いかと思いますが、地震保険は単体で加入することはできません。火災保険とセット加入する必要があります。いうなれば、火災保険が親で地震保険が子供のようなものです。

地震保険の注意点

火災保険にセットで地震保険に加入したから安心というわけではありません。地震保険で支払われる金額は「被害の全額」ではありません。

地震保険の意義

実は地震保険は国が保険会社を援護しています。日本では地震により広域、かつ甚大な補償が発生する可能性が高いです。その時保険会社が補償料を払いきれなかったらどうなるでしょうか?

地震により被害を受けた人々は困ってしまいます。そこで被災者の為に、政府が民間の損害保険会社をバッ クアップ(再保険といいます)しているのです。そのかわり、支払われる金額には制限があります。

地震保険で受け取れる限度額は火災保険の30~50%

前述のとおり、地震による被害は広域かつ甚大なものになる可能性が高いです。
被災者に全員に高額の補償をしてしまうと保険会社もそれをバックアップする政府も共倒れてしまうかもしれません。
火災保険の本旨は「再建の足掛かり」だということを覚えておいてください。
「あまり貰えないなら保険料払うより預貯金で貯めておきたい」という方は、多くの地震保険は火災保険加入時に自動で付帯されますのでご注意ください。

火災保険と地震保険の保険料ってどのくらい

火災保険に関しては特約が多いので特約を増やせばかなり保険料が上がります。
全ての場所に置いてあるわけではないですが、スーパーやショッピングセンターにある保険相談窓口にもパンフレットが置いてあります。全ての特約について書くと膨大になってしまうので実際にパンフレットをご覧になるとをお勧めします。

【具体例】火災保険の保険料は

補償内容・構造・面積により保険料は異なりますので目安として具体例を紹介します。

【東京都 木造一戸建て 面積60㎡の場合】

保障内容は火災・落雷・(ガス漏れなどの)破裂爆発・風災・ひょう災・雪災・水災
このモデルケースにおける火災保険の年間保険料は27,970円です。

【具体例】地震保険の保険料は

地震保険の保険料は規定によって定められています。主な項目は以下のとおりです。
1. 住所(お住いの都道府県)
2. 建物の構造・一戸建てかマンションか
3. 支払いの限度額(火災保険の30~50%)

【東京都 木造一戸建て 支払限度額は家財込みで1900万円の場合】

このモデルケースにおける地震保険の年間保険料は37,160円です。
(*S社火災保険商品を参照)

火災・地震保険の注意点

上記の例では火災・地震保険を合わせると年間65,130円にのぼります。
火災保険はかなりシンプルなプランにしたので、特約を付けると7万円台になります。


逆に長期一括払いを選択すればやや割安になりますし、地震保険では昭和56年6月1日以降に新築された建物や耐震構造の建物等は割引が受けられます。
他にも火災保険は保険会社独自の割引メニューもありますので必ず確認しましょう。

火災保険と地震保険で大切な事は

それなりの値段になる火災・地震保険料ですが、重要なのは今後毎年支払っていく金額だということです。
補償は大事ですが、途中で支払が出来なくなるのが一番勿体ないパターンです。マイホームを購入される場合はローンの返済もあります。

マイホーム購入時一括で支払うとしても、購入時は様々な出費がかさみます。最初に頑張りすぎて後々苦しくならないよう気をつけましょう。
火災保険に関しては保障内容を吟味し一生支払える商品に加入する事。地震保険は事前に支払い金額を把握しておきましょう。




この記事が火災・地震保険の加入で迷うあなたのお役にたてたら幸いです。
足立の住宅・家計相談FP ライフプラン応援事務所の横山でした。