blog07

健康保険に加入している会社員の方が病気や事故により仕事を休んだ場合、「傷病手当金(しょうびょうてあてきん)」が受けられます。

傷病手当金を貰うための要件

  • 業務外の怪我や病気で休むこと

業務上の怪我や病気の場合「労災」の対象になるので受給できません

  • 仕事に就くことができないこと

仮病や軽傷の場合は受給できません

  • 連続して3日間休んだ後、支給

続けて3日間(待期)の休んだ後、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給されます

いくら位受給できるの?

受給しようとする方の日額の3分の2程度です。

日額とは月のお給料を日にちで割ったものです。
ここでいう「お給料」にボーナスは入りません。

注意点として、有給など報酬が発生する場合はもらえません。

傷病手当のここを知っておこう

「待機期間は3日間」について

この待機期間は「就業不可状態」であれば土日を挟んでいても大丈夫です。
また、有給を貰っていてもこの3日間については大丈夫です。


4日目以降(受給可能期間)になった場合有給が発生している場合は受給できませんが、この3日間に関してはどちらにせよもらえない期間なので関係ないのです。

4日目以降は有給を使わないでとっておき傷病手当金を貰った方がいいかもしれません。

傷病手当は面倒?大変?

要件が細かいので申請は大変かもしれません。
電話で問い合わせをしたくても電話は繋がりにくかったり、繋がっても上手く聞きたいことを聞けない恐れがあります。


実は、健康保険協会のサイトはお勧めです。
しっかりしていて読みやすい!
事前に知りたいことの多くはこのサイトで手に入れられるはずです。


「私は協会健保じゃないんだけど」という方も、基本は同じ制度なので参考にしてみてください。
(ただし、国民健康保険には類似の制度はありませんのでご注意ください)

大事な制度です。
後から「損した~」ということのないようにしてくださいね。



足立の住宅&家計相談FP ライフプラン応援事務所の横山でした。