blog07

世の中には様々な統計が溢れています。

その中の統計のひとつに、世帯収入別に数年の家計の状況を分類したものがあります。

例えば・・・

「ここ〇年で家計は苦しくなった」という家庭が、

年収400万円以上の家だと20%だけど、

年収400万円未満の家だと40%だ・・・とかいう統計です。

(例は適当な数字です)


その統計を見ていて興味深かったのは、

年収の低い家ほど

「家計が苦しくなったのか楽になったのかわからない」という比率が高いのです。


これは重要な問題です。

つまり、世帯収入が低くなればなるほど、

自分の家計の状況を把握してない

ってことです。

これから考えられるのは、

収支を改善するにはまず状況を把握することから!

ということですね。

家計を改善したい皆様は、まずは状況把握してみてください。


この記事が少しでもお役にたてば幸いです。

足立の住宅&家計相談FP の横山でした.