blog05

先日、子供の学校でバザーがりました。

私も役員としてお手伝いしたのですが、バザー品の値段をつけるのが非常に面白かったです。

ライバルは100円ショップ

バザー品は保護者からの寄付品です。

他の所は分かりませんが、私が聞いた基準は「相場の半額」

でもここでいう「相場」に立ちはだかるのは100円ショップ。

100円ショップにありそうなら全て価格は50円になってしまうのです。


いま、大概のものは100円ショップにあります。

ほとんどの商品は50円になってしまいました。


デフレ脱却とかも言われていますが、100円ショップは健在です。

消費者としてはありがたいですが、商品を売る立場としては強力なライバルです。


ブランドという強み

私はモノではなく「情報と知識」をお伝えしてお金を頂いています。

同業者さんはおりますし、同じようなサービスを行っているとこもありますが、同じ内容になることはありません。

それは、お金の問題はお客様お1人お1人によって答えが異なるからです。

私の「知識」を使い「このお客様」に満足していただくというお仕事です。

ですから、同じサービスだとしても、内容は「ライフプラン応援事務所」だけのオリジナルになるんです。

バザーで既製品を扱ったことにより、ブランドの大切さが身に染みました。

富裕層ではなく、「普通」の方のお役に立てるよう、サービス内容をもっと磨いていきたいと思います!


足立の住宅・家計相談 ライフプラン応援事務所の横山でした。