2017年も2週間以上が過ぎましたが、今も書店には家計簿が多く陳列されています。

「今年こそ家計簿をつけよう!」

という人は多いのでしょうね。

 

我が家は、しっかりした家計簿はつけていませんが、忘備録程度に大まかな出費を記録しています。

(家計簿アプリも検討中なので、今後はそちらに移行するかもしれませんが)

 

とはいえ、お金を貯めるために家計簿をつけなければならない、というわけではありません。

家計簿をつけない「貯め体質」の方はいっぱいいます。

 

先取り貯金や、無駄遣いの削減ができることや、支出の優先順位の把握などができる人は貯め体質です。

特に、苦しい家計で重要なのが、支出の優先順位です。

これをしっかり把握しておくと、「今月末の生命保険料の支払いのために、これだけはお金を取っておかなければいけない」

という家計管理ができ、いざ生命保険料の支払い時に「足りない!貯金を下ろさなきゃ‼」という事態を防止できます。

 

生活費と必要経費を色分けして、使えるお金ととっておくお金を区別しておきたいですね。

 

お金を貯める最適の方法は、好みやライフスタイルによって変わります。

他にも、こんなコラムを執筆させていただきましたので、ご参考までにどうぞ。

 

だからお金がたまらない?お金にまつわるありがちNG行動5

 

無駄遣いしていないのにお金が貯まらない方へ! 貯蓄ができる家計の見直し方

 

皆様の、家計が潤うお役に立てれば幸いです。