住宅は大きな買い物ですし、生活の基盤になる重要な要素です。
そのため政府は多くの制度や優遇を用意しています。

一番ポピュラーな「住宅ローン控除」や「住まい給付金」
そもそも「フラット35」も全額政府が出資しているんですよ。

35年間もの金利リスクは、通常の銀行では負いきれません。
そのため日本住宅支援機構(フラット35)がリスクを担保してくれるのです。

制度執筆のお話を頂きました

私はこういった制度について調べるのが好きなのですが、
そのお話を聞いたあるサイトの方から原稿執筆のお話をいただきました。

そのサイトは多くの人が訪れるところなので、
制度の認知度をあげたり、分かりにくい箇所をお伝えできたら、と思い執筆させていただくことになりました。

今までは制度を調べることが目的でした。
しかしこれからは使い勝手の良さや、活用法をより主体的に学んで行きます。

まずは中古住宅に欠陥があった場合の強い味方である、
「瑕疵担保背欽保険」
について執筆いたしました。

少しずつ記事も増えていますので、ぜひのぞいてみてください。