前回、被災した際の公的支援として「災害弔慰金」や「災害障害見舞金」などの支援が受けられることをご紹介しました。
これらは公的な援助は一時金が主で、継続して給付できるものは「貸付け」になります。
住宅ローンに関する公的支援はないのというのが現状ですが、救済策がないわけではありません。
銀行が主体の債務整理、通称「二重ローン救済策」についてご紹介します。

家が被災した場合の、最悪のシナリオ

阪神大震災や東日本大震災では自宅が焼失、もしくは津波で押し流されるなどの全壊してしまい、なくなった家のローンを払うとい事態に陥った人も多かったです。更に、新しい家を建て直して従前のローンに加えて新しい家のローンを背負った方もいます。

これらは「二重ローン問題」と言われ、自然災害の多い日本において、安心して家を買うための大きな障害となっています。

「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」とは

全壊した家のローンを支払うというのは尋常ではありません。また、全壊していなかったとしても、被災し家計に大きなダメージを受けたローン契約者にとって返済は生活再建への枷になります。

そこで銀行が主体となり、自然災害で被害を受けた場合、住宅ローンの返済を減額、もしくは免除できるというガイドラインを作成しました。

主な特徴は以下のようになります。

 破産ではないため、信用情報に傷は残らない
 簡易裁判所の調停を利用するため、公平・明確な話し合いが可能
 国の補助により弁護士や公認会計士など専門家の支援を無料で受けられる

ただし、返済が苦しいと認められた人のみが対象です。
また、被災以前に延滞履歴などがあると「被災しなくとも返済能力が低かった」と適用に制限がかかる可能性もあります。
平素からきちんと返済し、信用度を高めておくことが大切です。

↓二重ローン救済策の概要はコチラ↓
自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン|全国銀行協会

地震、水害、竜巻など自然災害の不安は尽きません。
普段から情報収集し万が一の事態に備えましょう。
内容に疑問がある方はお気軽にお問い合わせください。

足立区家計&住宅相談 ライフプラン応援事務所の横山でした。