最近フルローン(頭金なしで、物件価格全額を借入れすること)の利用者が増えてきているといいます。

ファイナンシャルプランナーとしては住宅ローンを組むのに頭金を入れるのが常識だと思っていました。

しかし、先入観を捨てて考えてみると、頭金なしのメリットもあることが分かります。

ここでいう頭金なしのメリットとは、主に時間的なものです。

頭金を貯める時間をロスしないで今すぐ住宅購入するメリットと言い換えてもいいです。

すぐに住宅を購入するメリット

  • 非常に低い金利で借入れできる
  • 2016年7月現在の金利は変動金利で0.5%を切るものもあり、低金利の今借入れを行うことは大きなメリットです

  • すまい給付金が適用可能
  • すまい給付金は、所得に応じで給付が受け取れる制度ですが、消費税増税の影響を緩和するために創設されているため、消費税増税後は制度が終了する可能性があります。

  • 住宅ローン控除の控除率が借入金利を上回る
  • 住宅ローン控除は年末のローン残高×控除率(約1%)となっているため、多く借りた方が恩恵が多くなります


    これからから、頭金を貯めない購入もメリットがあることがわかります。

    ただし、頭金がないと毎月の返済額が多くなるデメリットもあります。

    購入年齢が遅い場合は、頭金なしの購入は返済期間が長期化するリスクも負います。


    原則として、リスクを小さく借入れするなら一定額の頭金は入れた方がいいと考えます。

    しかし、

  • 余剰金はあるけれども低金利なので手をつけずにあえてフルローンで借り入れをする
  • まだ若いので長いローンが組める
  • ……などの考え方もあります。

    頭金なしの借入れも、選択肢の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。




    足立の家計&住宅相談FP ライフプラン応援事務所の横山でした、