東京都足立区の耐震助成金

東日本大震災以降、地震への不安を抱える方は多いです。

家を立て替えるのは多額の費用がかかりますし、

『じゃあ耐震補強をしよう。補助金も出るし』

とお考えの方も多いでしょう。

ですが耐震補強には要件や上限があるので注意が必要です。

当事務所のある東京都足立区の耐震助成制度についてご紹介します。

耐震助成制度の種類

  • 木造住宅・建築物への耐震診断・耐震改修工事助成
  • 木造戸建住宅・木造共同住宅等

  • 非木造の住宅・建築物への耐震診断・補強設計・耐震改修工事
  • 非木造の戸建住宅・非木造の共同住宅等
    ※非木造とは、鉄筋コンクリート造や鉄骨造などをいいます。

  • 耐震シェルター・防災ベッドの設置工事への助成
  • 家具等の転倒防止、ガラスの飛散防止工事への助成
  • 嬉しいことに、制度は広範囲にわたります。

    助成金の注意点

    耐震助成金制度は広範囲にわたり、助成制度によって注意点は異なります。
    一般の方にとって需要の高い木造住宅耐震助成制度(共同住宅を除く)について見ていきたいと思います。

    新しい建物は対象外です

    木造住宅の場合前提として、昭和56年5月以前に建てられた住宅が対象となることにご注意ください。

    耐震診断を受ける必要があります

    いきなり耐震工事をするのではなく、先に『この家は本当に耐震工事の必要があるのか?』という診断を受ける必要があります。
    診断の結果、「補強が必要」とされた住宅のみ助成金を受け取ることが出来ます。

    耐震診断の注意点

    耐震診断にも費用が発生します。
    目安は10万~ですが、10万を限度に助成金が受け取れます。

    どの業者に頼んでもいいわけではなく、足立区の名簿に登録された建築士に診断を頼む必要があります。

    補強と必要と判断され場合、耐震診断よりおおむね2年以内の工事で助成金を受け取れます。

    多くの申請書類が必要です

    耐震診断、耐震工事双方多くの申請書類が必要です。
    例えば耐震工事の場合・・・

  • 住民票の写し
  • 建物の登記簿謄本
  • 耐震補強計画書
  • 工事見積書
  • などなど・・・
    また、共有者の有無や世帯によっても違ってくるので必ず事前に確認しましょう。

    助成金は一律ではありません

    世帯収入やお住いの地域によって助成金に差があります。

    また、工事内容によっては助成金だけでなく税金の優遇が受けられることがあります。

    大変ですが、やる価値はある

    ご覧いただいたように簡単ではない耐震助成金ですが、住宅の安全性を高めることはご自身にとってもご家族にとっても大きな価値があります。

    自治体のサイトだけお読みになるのではなく、直接お電話してみてくださいね。

    耐震助成に迷ったら

    単純に助成金の内容をお知りになりたい場合は単純なのですが、

  • リフォームも一緒に考えている
  • 耐震費用の総額が気になる
  • 将来的に二世帯住宅を考えているのだが建て替えの方がいいだろうか?
  • こういった悩みをお抱えの場合はライフプラン応援事務所までお問い合わせください。

    家計に合ったリフォーム費用の総額や、安くて安心な耐震工事業者のご紹介も承っております。


    この記事がお役にたてば幸いです。


    足立の住宅&家計相談FP ライフプラン応援事務所の横山でした。